[建築レポート]基礎コンクリート打設が完了しました

[建築レポート]

このコーナーでは、現在施工中の物件の工事状況を随時発信していきます。

今回ご紹介するのは、R+houseとは別の渡辺組オリジナルブランド「LA LA CHEZ(ララシェ)」。創業100年を超える渡辺組がコストを抑えつつ、お客様にご満足頂けるものをと試行錯誤して作られたシリーズです。

今回はこのLA LA CHEZシリーズの新しい物件についてご紹介します。

 

こちらの物件は先日、基礎のコンクリート打設が終了しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

枠の中にコンクリートを入れた状態。コンクリートの横にある青い板は断熱材です。今回の物件は基礎の内側に断熱材を入れた基礎内断熱工法を採用しています。(R+houseも基礎内断熱を採用しています。)

通常のLA LA CHEZシリーズでは断熱材が基礎の外についた基礎外断熱を採用していますが、お客様の立地環境や意向を読み取り、お客様に最適な工法をご提案しています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このままでは土台を載せたときにがたつきが生まれてしまうので、このあとにレベラーと呼ばれる基礎の上面を水平にするためのコンクリートが入ります。その前に職人さんがコンクリートの状態を確認しつつ、事前に均しておく作業をします。こういった細かな作業にも職人さんと現場監督の厳しいチェックが入り、丁寧な家づくりが日々されています。

 

R+houseはもちろん、LA LA CHEZシリーズのご案内も随時可能です。ご興味を持たれた方は是非お気軽にお問い合わせください。

 

※今回ご紹介した物件はR+houseとは別の「LA LA CHEZ」シリーズです。

R+houseとは工法が異なりますので、詳しいことはお問い合わせください。