R+houseとは?

R+house とは
建築家とつくるデザイナーズ住宅高性能を追及した快適で高耐久な住宅しっかりコストを抑えた住宅

「一流の建築家が設計するデザイン性の高い家」

「高気密・高断熱・高耐震の高耐久の家」

誰もがいつかは住んでみたいと思う理想の住宅。これを手の届く価格で提供できないか。

お客様の想いをカタチにする注文住宅でありながら、様々な工夫でコストを抑える。

そんな発想に基づいて生まれたのが、R+houseです。

ライフスタイルや価値観を表現するデザイナーズ住宅

住まいは家族が幸せな時を過ごすために、なくてはならない大切な入れ物。 皆さまは、どのような住まいが大切な家族との時間を育んでくれると想像しますか? 豊かな空間…それはどんな空間でしょう? 家族の好みやライフスタイルを表現した空間。生活動線や目線を意識した、使い勝手の良い空間。心地よい広がりのある空間など。 更に、R+houseの頼れる建築家は、ライフスタイルの変化にも柔軟に対応できるような工夫をプラス。家族でずっと仲良く暮らしたい。そんな想いを叶えます。

R+houseのアトリエ建築家って、どんな人?

アトリエ建築家は『住まいをつくるプロ』

R+houseには、ムダづかいをなくすための「ルール」があります。※R+houseのルール そのルールに従って、ムダを省いた、性能の高いデザイン住宅、というのがR+houseです。 R+houseの建築家たちは「ルール」を熟知しており、その上で極めて素晴らしいデザインをつくることが出来る人たちです。「建てるプロ」と「住まいをつくるプロ」は違います。 限られた予算の中で、どれだけお客様の家族構成や現在のライフスタイルを叶えていくか、あるいは将来を見据えた設計をするか、それらを全て叶えつつ、どうやって予算の範囲できれいにおさめていくのか。そういうことをするのが、住まいを作るプロなのです。「住宅づくりが好きな人」=「人の生活をつくることが好きな人」にR+houseの建築家になってもらっているのです。ただ「かっこいいものが作りたいから建築家をやっている」というだけの人はいません。

建築家と設計士の違い

日本には国家資格として「一級建築士」「二級建築士」といった資格があります。しかし、有名な「建築家」で一級建築士免許を持っていない方もいますし、一級建築士免許を持っているけれども「設計士」としての仕事をしている方もたくさんいます。 日本では「建築家」と「設計士」が明確に区別されているわけではありませんが、おおまかに整理すると、 「設計士」というのは、法規制や施工を考えて建物を計画、設計する人たち。 「建築家」は住まい手の暮らし方や住環境、空間デザインまで考えて住宅計画を形にしていく人たちです。 「R+houseのアトリエ建築家」は、それらに加えて暮らし方の提案や住みごこち、デザイン性といった面に特長があると言えるでしょう。

自慢したくなるような家を、ワクワクしながら私たちと作ってみませんか?

家族の思い出を刻む高性能住宅

デザインが自分好みでも、夏は暑く冬は寒い住宅だとしたら・・・?
家族の思い出を刻む住宅だからこそ、快適に健康に、長く暮らせる住まいにしたい。
そんな夢をかなえます。

R+houseが提供する”快適な住まい”

暮らす人のイメージ

「快適な住まい」とは部屋の中が適温に保たれている家のこと。暑い夏でも室温が上がりすぎず、寒い冬でも足先が冷たくならない。正しく断熱して、機密性を高め、計画喚起を行えば、「快適な住まい」は、同時に光熱費も少なくて済むという、嬉しいおまけつき。また、暮らす人の健康もサポート。住むほどに嬉しいことが増え続ける住宅なのです。

高気密+高断熱+計画換気

長期優良住宅に標準対応した燃費のいい家

オリジナル高性能断熱パネルで夏涼しく冬暖かい家

住宅にも燃費のいい家と悪い家があります。住宅の燃費とは「冷暖房などのランニングコスト」です。住宅費用は「住宅ローンなどの購入費用」と「冷暖房などのランニングコスト」を合わせたものです。 R+houseはオリジナルの「R+パネル」を使用することによって、長期優良住宅基準を大幅に上回る性能を実現した、非常に「燃費のいい家」なのです。 10年以上前に定められた「次世代省エネルギー基準」をもとに判定する長期優良住宅基準を満たすだけでは快適な家とは呼べないと考え、さらに快適な住宅・エコな住宅を追求しています。

長期優良住宅基準を上回るR+houseの性能数値

長期優良住宅基準として設けられている「省エネルギー性」で定められる、Q 値※とμ値※で長期優良住宅基準とR+house の数値を比較してみましょう。 R+houseは「長期優良認定基準」を大幅に上回っているのです。
※Q値:熱損失係数 建物からの熱の逃げやすさを表します。 Q値(w/m2k)が小さいほど、熱が逃げにくいので省エネ性能が高いと言えます。 日本で多くの人が住む地域は、地域区分Ⅳになります。
※ μ値:夏期日射取得係数 夏期における日射の入りやすさを表します。 μ値が小さいほど、日射が入りにくく、冷房効率が高くなります。 日本で多くの人が住む地域は、地域区分Ⅳになります。

力を分散するから地震に強いパネル工法の家

在来軸組工法と2x4工法のメリットをあわせもつパネル工法

日本の木造建築の伝統的な工法である「在来軸組工法」は気密性やコストをはじめとした日本の気候に適した多くの利点がありますが、斜材(筋交い)で横からの力を支えるため、地震がおこった場合に横からの力が一点に集中してしまう欠点があり、軸組みを金物で強化するという耐震性強化が行われるようになって来ました。 R+houseは、オリジナルのR+パネルで面全体を支える「パネル工法」です。面全体で力を支えるので力が分散し、強い横からの力に耐えることができるのです。この工法は日本の気候にあった「在来軸組工法」と地震に強い「2×4(ツーバイフォー)工法」の良い面をあわせもっているのです。

建物からの熱の逃げやすさのイメージ

※Q値:建物からの熱の逃げやすさを表します。値が小さいほど快適な室温を保ちやすくなります。 ※μ値:夏期における日射の入りやすさを表します。値が小さいほど冷房効率が高くなります。 ※C値:家全体でどれだけの「隙間」があるかを表します。数値の小ささは施工の確かさの証です。

R+houseの強度説明の画像

結露を防いだ耐久性の高い木造住宅

耐久性の高い木造住宅

木造住宅は木を腐らせなければ長持ちします。代表的な例が法隆寺でしょう。木は耐久性に非常に優れた建築材料なのです。では、なぜ日本の木造住宅は30年程度しか持たないのでしょうか?

木材の耐久性を落とすのは”結露”

木は「木材腐朽菌」によって腐ります。「木材腐朽菌」は結露によって木材が含む水分が増えることで発生します。結露対策は目で確認できる室内と、普段見ることのできない壁の中の両方に対策が必要なのです。このためには、「断熱」「気密」「換気」の3つの要素が重要なのです。

R+house の高気密・高断熱は建物を腐らせない

R+houseオリジナルのR+パネルは水分を通しにくい断熱材(発泡ポリウレタン)が室内からの水蒸気を防ぎ、室外からの湿気も通気層から吐き出し、躯体内の乾燥状態を保って耐久性を高めます。さらに人工的な室内換気(計画換気)によって、耐久性の高い木造建築を実現しています。

ムダづかいをなくすための「ルール」を設定

耐久性の高い木造住宅

フルオーダーの注文住宅では採寸箇所も多く、必要な建材なども多くなり、目に見えないところでムダなコストがかかってきます。 実は注文住宅のコストを上げているのは材料のムダづかいや購入の手間、職人さんの手間賃、長引く工期などです。 でも初めて家を建てる人に、コストのかかるところ・かからないところを判断するのは難しいことです。 そこで、R+house[アール・プラス・ハウス]はそのムダを極力少なくするための「ルール」を作ることで、クオリティを落とさずにコストを抑えた注文住宅づくりを可能にしました。

しっかりコストを抑えた住宅


しっかりコストを抑えた住宅

住まいは家族と共に過ごす安らぎの場であると同時に、それまで心に描いていた生活をかなえる自己実現の場。夢や理想が膨らみすぎて、予算オーバーになることだけは避けたい。住まいだけではなく、旅行やショッピングなども家族と楽しみたいから。そんな想いを叶えます。

ちょっとした工夫でコスト・バリュー住宅 R+house

注文住宅のコストを上げているのは、高い部材価格やムダ使い、購入の手間、余分な職人さんの手間、長引く工期などです。「R+house 」では、そのようなムダを極力少なくするために幾つかの工夫を行っています。

R+houseの工夫

建材の仕入れにかかる余計なコストを大幅カット!

大きな買い物だから、ちょっとした努力で買い物上手になる喜びもきっと大きい

日本の住宅は、住宅の材料1つ1つの単価が高額になっていることが原因で、本来の価値よりも高額な値段で購入しなければいけない状況になっています。 ムダなコストをカット!例えば、サッシ・窓、実は6万種もあることをご存知ですか? 6万種もあるから、材料も色々必要…、手間も掛かる…、時間も掛かる…、人手も必要…という理由で、コストアップに繋がり、大量に売れて安くなるはずの材料の値段を上げているのです。 R+houseの標準仕様は、住宅のプロが建てる人の自由度が減らない、でも余計なコストがかからない、という範囲に建材の種類を絞り込みました。 例えば、サッシは6万種から40種を選定しています。実は、実際の住宅の70%は40種のサッシでカバー出来ているのです。 そして、その条件でWebシステムを通じてメーカーからほぼ直接購入する仕組みを作ることで、住宅の建材費用を大幅カットする仕組みを作りました!

あとで変えられないところからコストをかけていく

R+houseの価格=スタンダード+オプション

R+houseは標準仕様で長期優良住宅の基準をクリアする性能を持っています。省エネルギーで耐久性も耐震性も高い住宅が標準仕様で実現できます。 R+houseの標準仕様はデザイン・性能・コストを両立するために、寸法・仕様・外観・設備それぞれに「ルール」を設定しています。 断熱材やサッシなど性能に関わる部分、床材など後から変えるのが難しい部分からしっかりと固めた仕様なのです。 この標準仕様で建てた場合の価格がR+houseのスタンダードプライスです。 R+houseは標準仕様で幅広い家づくりを実現できるようになっていますが、標準仕様にないからといってR+houseでは実現できないことはありません。建物の大きさを出して、そこに必要な部分をオプションで足していく。ご予算に応じて自分だけのマイホームをデザインすることができるのがR+houseの家づくりです。予算に合わせてこだわりのオプションを追加して、家族の理想の家をアトリエ建築家と創っていきましょう。